「チケット作成」はあなたのサービスをチケットとしてオンライン販売することのできる機能です。(士業を除く)作成から60日以内に提供することのできるサービス・商品の決済にご利用いただけます。

作成の前に、まずはメッセージで相談者に提案してみて、相手が乗り気であればチケットを作成しましょう。このワンクッションが非常に大切です。

「チケット作成」ボタンを押すと、作成画面に遷移します。

①案件を選択
相談内容に対して販売できるチケットは1枚となります。相談完了とともに請求確定を行うためです。まずは、どの相談に対するサービス・商品かを選択しましょう。

②提供するサービス
あなたが提供するサービスまたは商品の名前を書きましょう。たとえば「○○に関する個別相談」や「○○相談会」、「○○のマッサージ(60分)」など、わかりやすい名前をつけましょう。

③サービスの説明文
提供できるサービス・商品の説明文です。よく聞かれることを盛り込むと伝わりやすくなります。箇条書きで書くとよりわかりやすいでしょう。

④お見積りに含まれるもの
チケットの金額の中に含まれるもの(または含まれないもの)を明記しておくと、相談者が安心して購入することができます。予期しない追加費用は満足度を下げたり、トラブルのもとです。また、専門用語は、相談者になじみのある言葉かどうかを見極めて使うことをおすすめします。

⑤チケット有効期限(60日以内で指定)
サービス・商品を提供する有効期限です。この日までにサービスを提供し、案件完了するようにしましょう。案件完了すると請求が確定します。また、有効期限を過ぎても案件完了が承認されない場合、チケットはキャンセルされることがあります。

⑥備考・条件
必要に応じた補足を記載しましょう。

⑦価格
1,000円~1,000,000円の間で設定しましょう。また、チケット作成機能を利用するには手数料がかかります。通常は15%ですが、プラチナ会員のみ10%となります。

「提案する」ボタンを押すとチケットが作成され、あなたのコメントとしてトーク画面内に投稿されます。

依頼するかどうかは相談者の自由です。なお、請求確定はサービス提供後に行いますが、依頼の時点で相談者のクレジットカード情報が記録されるため、きちんと手順を踏むことで未払いを防ぐことができます。